日々の切れはし 〜50才からの目線〜

平穏で静かで小さな発見がある。一見何と言うことはないこんな日々を積み重ねると人生というタペストリーが織り上がる。小さな日々の切れはしを誠実に積み上げていくことこそが幸せ。そして幸せになるための工夫、幸せのための時間を確保するための効率化、努力を精一杯。

思惑買いについて

 先日「2万5千円」の損の記事を書いた。

その後、7千500円の損。

そして昨日また2万5千円の損をすることになり、

今日2万ほど損をしたような気持になる。

また2万5千円の損というのは、SサイズだったワイドパンツのMサイズ版を別サイトのオンラインショップで購入したからだ。ジャストサイズだから間違いはないのだが、

SサイズとMサイズを比べてみると、丈は同じでウエストは1~2cm大きいだけ。パッと見はほとんど変わらなかったのだ。

かくしてSサイズとMサイズ同じ色同じ丈のものがクロークにかかっている。

 

そして今日。

着物をいつも買っている店がある。

お正月に新春セットとして着物と帯のセットを4万円ほどで出していた。

買い手があらわれなかったのか立ち消えになり、帯だけが2万5千円で売られていた。

1か月着物を着続けるチャレンジをしたくて洗えるこの着物を買おうと思った。

色は最近気になるターコイズだし。

今日お値段が送られてきた。私の中では、4万円で帯と着物がセットになっていたので

帯が2万5千円なら着物は1万5千円だ。セットで特別価格と言っていたのでもう少し高くて2万円くらいかな、いや商売っ気がないような店だから1万5千円かも。

と思っていたら、着物だけは3万8千円だった。

かなりの特別価格だったらしい(たぶん)。

買うと連絡していたので黙って3万8千円と送料を支払った。

思惑だけが先行していたが、やっぱり損をしたような気になった。

 

つい最近目標の貯蓄額2千万円に到達するためには、月々5万までしか使えないと計算していた矢先のことだった。

1日あたり1600円。それをこえたら1600円の倍数分無売日が続く計算。

3万8千円プラス送料だと、24日間何も買ってはいけない状態になる。

3月が始まって早々何も買えない。いや昨日本を3冊買って2日半何も買えないはずだったので、26日と半日は買ってはならぬ。

買えるころは3月がほとんど終わっている計算。

カット代8100円は必ずかかるから(31日に予約している。)、早くも3月は何も買えないということになる。

 

 

 

広告を非表示にする

やっぱりポイントは損?

 先週モールで見つけたオニールのリネンスカート。昨夏は暑く涼しいリネンのスカートがほしかった。楽天ではなかった色があり、形も気に入り購入しようとしたが、次の日以降に買うとポイントが10倍になり購入5400円ごとに500円無料券が出るという。その店のポイントカードは持っていないが、店員さんが勧めるので、ポイントカードを作り次の日以降に買うことにした。

期限は本日までだったので店を訪れる。一緒にデニムジャケットを買い清算すると500円券が7枚と3500ポイントがついた。単純な私は1ポイントを1円と考え、合わせて7000円の買い物ができると考えた。またお店に行くのは面倒なので、オーチバルのトートを買うことにした。昨年大活躍だったトートの色違い。ここまでは冷静に計算したつもりだった。お店の人に、ポイントや無料券の消化狙いと思われ恥ずかしい感じがしたが、7000円を無駄にしたくなかった。モールを逡巡して再度店に入り目当てのトートを指した。あいにくほしい色はなく2駅先の系列店にあるという。ここまで来たので系列店に連絡をいれてもらい移動した。

系列店に着くとにこやかに店員さんが出迎えてくれる。トートは9504円だから2504円を支払うだけでよい。なんだかポイント目当てと思われるのが嫌で気になったピンクのソックスも一緒に買う。

店員さんは7500円ほど差額が発生すると言う。無料券は使えたが、3500のポイントは、5000ポイントで500円になるだけだった。

 その店に行くまでの交通費、時間、差額のお金。結局は7000円得するつもりが、7500円の損になったような、そんな気がする。

3万4千円の得が、2万5千の損に。

 楽天証券国債キャンペーン、24日に楽天ポイントが入りました。購入した国債の価格に応じてポイントがつくもの。

わが家は、3万6千円ほどつきました。

早速ねらっていたオニールのリネンスカートと、ノブレスのTシャツ2枚を楽天ショップで購入。全部ポイントから支払い、3万4千円ほどかかりました。これが全部タダというかポイント消化だけなので、現金を使わずにお買い物できたのです。うれしい、けど余りにサラサラと買えたので充足感はなし。

 一方、行きつけのブティックで、珍しい色のワイドパンツを注文していて、こちらは現金振り込みで支払いました。送料も入れて2万5千円ほど。色に夢中でサイズを確認するのを忘れ、聞いてみるとまさかのSサイズ。「大きめなんで、大丈夫ですよ」なんて言われましたが、別色で同じワイドパンツを持っていてMサイズ。振り込みしたので、同じ価格で別の商品に変えようかと相談したら「もしどうしてもダメなら、言ってきてください」とトドメを。若い子がよく来る店なので、細目の品が多いことを忘れていました。着た後「どうしても」と言えば変えてくれるのだろうけど、お店にはSサイズしかないのでメーカーから取り寄せの手間もかかるし、オーナーとは個人的な付き合いなので、きっと「入りました。大丈夫だった」なんて言ってお蔵入りになるのかな。

得したつもりが相殺された買い物の日でした。

10分の1バッグと直感

  また数字入りのタイトルです。算数は弱いが数字好き。

今年の私の心するところは、「質素」です。

もっと言えば「質素な身なりでお金持ち」です。お金を持ってなさそうな様相なのに、大金を溜め込んでいる。そんなおばさんを目指したいと思っています。意外性ですね。

 今日カードの使用明細が届きました。同封されていたのはイオンでの買い物10%引き。ちょうどドッグフードをイオンモールに買いに行こうと思っていたのでタイミング良しと思いましたが値引き対象が狭い上、カードで支払わなければならないので却下。ゴミ箱に捨てました。

 さて、イオンに出掛けて目に留まったバッグがありました。カーキ色でポケット付、軽いし、バンドの長さを調整してショルダーとハンド用の2wayにできます。

お値段2800円程(税抜)

同じ用途のバッグ、昨年gentenで買いました。値段は28000円程(こちらも税抜)。

10分の1です。

でも、そんな風には見えない(自画自賛)。

来週来る妹に、本当の値段を言ったらびっくりするだろうな(彼女は私を贅沢と思っている)。

即買いでした。その時チラと10%オフのチケットが頭に浮かびました。取りに帰るには交通費がかかる。カード払いも嫌。でも、お財布にいれていたらなあ。なぜか捨てる前に妙に気になったのです。最近頭で考え過ぎていて、直感に従っていなかったのですが、教訓になりました。直感には従うべし。

 

ところで目標の「質素な身なり」のためには、gentenを手放し、このバッグ一筋になることです。それが今後の課題です。

gentenは本皮を使っているので長い間持っていても経年変化を楽しめます。逆にこちらのバッグは合成皮革なので汚れたら多分それでおしまい。悩むところです。

いや、何よりgentenを使い続け、こちらを買わなけれよかったのでは。

でもgentenの2wayバンドの付け替えや長い方のバンドの収納に少し困っていたのは事実です。だから他に目が行ったのかも。

目標達成になるかはまたの機会に。

10円が12000円に。

 毎度お金の記事です。

断捨離のときは買取ショップにお世話になります(売れそうなブランド品は特に)

リサイクルショップや対面査定で手ひどい査定額をつけられてから(ゲラルディーニ限定新作が人気のないブランドということで0円。買取に訪れたサービスチケットを使ってやっと5000円。査定額0円なのに、免許証のコピーを取られた。以来2度とその店には行かない。)、専ら宅配査定を利用しています。

色々試して、各店が得意とするブランドを出しますがたまに間違えます。

 先月zozo usedがミナペルホネンのバッグを定価の6割程で買取してくれました。これならいつも利用するナチュラルブランド買取店よりもいい。しかし一緒に査定に出したミキモトのネックレスはなんと10円。確か10万ほどした14K位のもので、但書きにもミキモト14Kネックレスと書いたのですが、買取明細はシルバーネックレスになっていました。納得がいかないので返却し、ブランディアへ。

こちらでは12000円程の査定額が付きました。おまけに14Kと思っていたら18K。重量で価格がついたようです。

店によって査定額が違うので諦めないほうが良さそうです。

広告を非表示にする

500円玉貯金の行方

 今日、防災のためのお金のことを考えて行動した結果です。

ネット銀行って大丈夫とか、実際に震災にあったときのお金の引き出しをググってみました。

調べた結果

1.被災時はカード、通帳がなくても身分証明で10万程度引き出し可能。

(窓口のある銀行)

2.ネット銀行も同じく10万程度引き出しのできる振込先へ振り込み可能

その際もカード、通帳がなくてもよいが個人情報を聞かれる

3.ゆうちょであれば20万程度引き出し可能

東北や熊本震災の時の対応のようです。

(あくまでググった結果ですので

実際はその銀行にお問い合わせくださいね)

 

手持ち金としては

1.水害を考えお札はジップロックなどにいれ防水を

2.硬貨は買い物可能になった時もお店側がおつりが用意できない事態を考えて備えておく。 使い勝手がよいのは500円玉

 

ゆうちょ侮りがたし。

ネット銀行は地震時の影響について大体同じように対応しているようです。

災害時もデータのバックアップは万全とうたっているので(一応)、お金は引き上げずにそのまま残すことに。

 

 手持ち金の備えに賛同したので、早速、防水財布と防水通帳入れを楽天ショップで注文。手持ちの500円玉を用意するために、500円貯金をしていた貯金箱を開けることに。100円ショップで売っている「500円玉で30万円貯まります」で500円貯金を。100円玉を「500円玉で10万円貯まります(100円玉なら3万円)」の缶に貯金していました。

500円玉貯金の開始は2014年7月。およそ2年半ほど。100円玉は10万貯まりますの方にいれていおいて、3万ほどになる予定でした。

100円玉はすぐ貯まったのでもう1つのすぐ開けられる貯金箱にもいれ、

合計3つの貯金箱を抱え、近所の郵便局へ。

ざらざらっと計算していただいて、合計332510円。あれ?10円玉も入っていたのでしょうか。災害備え用の500円玉を10枚と子供への500円玉1枚を貯金箱から減らしましたが、無事30万は貯められた。100円で3万円貯められた。ということで目標達成。この貯金もカルティエのタンクルイの足しにしようと始めたものでしたが、一転、災害時の引き出し用にすることに。なのでゆうちょの普通貯金にそのままおくことにしました。

 

広告を非表示にする

秘密の趣味と住宅ローンの考察

 私の秘密の趣味、秘密な訳は、友達やご近所さんに言えないからです。もし、ブログが書籍化されたら(タラレバですよ。汗)、真っ先にこの記事消さなきゃな位のものです。

と思わせぶりな始まりですが、私の秘密の趣味とは、登記事項証明書を見ること。

そんなに秘密にしなければならないもの?そうです。それを見ると住宅ローンを最初どれだけ掛けたかわかってしまうからです。

見も知らぬ他人の住宅ローンがわかる。これってかなりな感じですよね。個人情報保護の世の中、1番知られたくない借金額がわかってしまう。

なぜわかったか、その発端は我が家の住宅ローン完済時の手続きからです。ちゃんと抵当権が解除になっているか登記事項証明書を見て見ると、ご近所さんのローン額がわかってしまったのです。普通自宅の証明だけなのに我が家近辺は、ごみステーションの敷地を共有しているため、自宅のローンとひっくるめた金額がかかれていたのでした。それから私の住む住宅地のごみステーションの登記を閲覧しました。新興住宅地なので全て新築の町です。およそ50世帯程住んでいます。さて50世帯の内、ローンがない家庭は6世帯でした。わが家を除く5世帯は最初からローンを組んでいません。即購入という世帯です。こちらは二手に分かれます。リタイヤした世帯と新婚家庭です。リタイヤした世帯は退職金や今まで住んでいた家を売り購入したのだと考えられますが、新婚家庭は恐らく恵まれた実家をお持ちで援助だと思われます(登記事項はそこまで書いてくれませんので)。要は最初からローンを組まずに買えた世帯は1割。残りの90%はローンを組んだということになります。ローン完済はわが家のみ。新築なのでローン控除が受けられることからわざと完済していない世帯もあると思いますが。ローン額は2000万から1億。1000万台はありませんでした。もともとの住宅値が高いからだと思います。さてローンがない世帯は最初に販売されてる時期と重なり、後に販売された家ほどローン額が大きい傾向がありました。最初は道路もできてない状態でしたので、本当に家を買う人しか買っていなかったのに、ある程度経ったところで見に来て売れ残りが少ないと知り買い急いだ家庭もあるのではと思います。

さて、自分が住む地域を一通り見たところで、他はどうなのだろうと気になりました。割と新興住宅が立つ場所なので通りすがりに住所を見てその後登記事項証明書を見るという流れなのですが、登記事項は地番からでないと検索できません。住所から地番変換もお金を出せば調べてもらえます。なお登記事項証明書も閲覧するのにお金がかかります。どちらも1件300円と少しかかります。お金がかかっていて何も生み出していないので、趣味と名付けた所以です。

3地域ほど見ました。大手住宅メーカーが建てた地域と地場の小さなメーカーが建てた地域です。予想通り大手はローン額も高く6000万越えもありました。ここ安かったなと思った地場メーカーの家は2000万程度でした。

結論付ければ、高い家に住んでいる世帯は負債額が高いということになります。収入が高いから高い家に住めるのでは?ということにもなるのですが、収入が高いとしても負債額は高いのです。都心や他の地域では違うのかもしれませんが、少なくとも我が地域では、高級住宅街は高額借金街なのです。