日々の切れはし 〜50才からの目線〜

平穏で静かで小さな発見がある。一見何と言うことはないこんな日々を積み重ねると人生というタペストリーが織り上がる。小さな日々の切れはしを誠実に積み上げていくことこそが幸せ。そして幸せになるための工夫、幸せのための時間を確保するための効率化、努力を精一杯。

洋服の値段

 先日、宝塚歌劇衣装撮りと地味めワンピ1着がほぼ同じ値段だった話を書いた。

今日、なんとなくdoubledayに行きたくて(ミズイロインドのセールやってないかなと、ショッピングモールにコメダ珈琲があるので)近くのイオンモールに行ってきた。

コメダのモーニングの後偵察偵察。

ミズイロインドもセールになっていたけれど心惹かれるものがなく、近くにドンと置いてあったクリーム色のエルベに似た大型のバッグと、同じシリーズのポシェットが気になった。大型のバッグは皮と帆布製で軽い、色も大人色。セール品ではなかった。鏡に映して二回見たが、ちょーっと大きい。ポシェットもコンパクトだがポケットがついていない。いーんだけどな、と思いながら店内をブラリ。入口付近に深緑色のパーカー発見。前に小さくリボンがついているが、大人色なので子供っぽくない。肌触りもよく、ノースリワンピにさらっと羽織りたい。セール品だったが、まだ20%オフ、でも23000円。一方バッグは24000円で、ほぼ同じ値段。ワンシーズンで着古すのと、これから5年ほど使えそうなバッグが同じような値段。

やっぱりお洋服は高いな〜とまたしても買うのを思い留まることができた。

 

広告を非表示にする