日々の切れはし 〜50才からの目線〜

平穏で静かで小さな発見がある。一見何と言うことはないこんな日々を積み重ねると人生というタペストリーが織り上がる。小さな日々の切れはしを誠実に積み上げていくことこそが幸せ。そして幸せになるための工夫、幸せのための時間を確保するための効率化、努力を精一杯。

そうだ、記録してみよう。

 秋冬の予算額が超えてしまった話をさきほど書きました。

どうして?

おそらく、春夏もので散財したのでこれまで服は気に入ったものがあったです。

でも、季節がかわり秋になると(まだまだ暑いですが)一斉にファッションメーカーから誘惑のビームが出されます。

欠かさずチェックしている行きつけのブティックのインスタ。

大好きなブランドのHP。ブランドを取り扱うブティックのネットショップ。

くまなく見てしまうのが日課です。

仕事をしていたときはそんなにネットサーフィンも服購入もしていませんでした。

仕事ではとりわけボトムは安いのでよかったし、出張用のスーツが2着あればよかった。たまにブティックで買うことはあっても時間がないし、でもその時は大人買いで一気に沢山購入していました。

その大人買いだけが、仕事を辞めた今でも続き、1回に10万円は使ってしまいます。

この間なんか、半年振りに行ったブティックで、いましめのために秋冬予算の一部8万9千円いれていたのに、丁度品物合計10万円、消費税入れて10万8千円のお買い物をしてしまい、残金はカードでというみじめな結果になってしまいました。

何となく、これとこれとこれいいと買うと10万円になってしまうのが、ブティックマジックです。はーー。

以前も書いたように高級ブランドではありません。今回は5万3千円のトレンチコートが最高値でした。後は取り寄せてもらっていたシャツ、カシミヤのストール。

取り寄せのシャツだけもらって帰ればよかったのに、ついつい話し込んで目移りして

真冬に着る生地厚のコートはあるけれど、秋に着るコートがないなぁと思ってインスタで見たコートを着てみると似合わない、そこであきらめればいいのに、「もっと明るい色がいいな」というと、すぐ出してくれるのがブティックです。

今まで買ったブランドではなかったのですが(後で調べたらオーストリアのブランドでした。)形が気にって購入。それから「軽いですよー」と言われて羽織ったカシミヤのストール。着物にも使えるかも。と購入。

これで10万円です。

 

そして、秋冬予算20万円だったのが、かなり緻密に記録していたのに(自分のノートに)、廉価なスカーチョとかも買ったりしてたのに、現在14万3千円のオーバー(ひどい)。春夏ものをリサイクルショップに売って、2万ほどもどってきたので、12万3千円のオーバーというところです。

9月になってから毎日ネットをのぞいて気になるものをポチっとしてたらこうなりました。ブティック10万もあるし。。。。

どうしたらとめられるのでしょう。

恥を忍んで、購入したものを公開してみたらいいのか。

体重も公開してしまったので、これから、

購入した日、物、値段、その時の気持ち(なんで買ってしまったのか)

なんかを公開してみようと思います。

もちろん、体重とその日のメニューなんかも公開してみようかな。

ダイエットの目的が主なので、目標体重達成となったらやめてみる感じで。

(あんまり書くと恥ずかしいのでね)