日々の切れはし 〜50才からの目線〜

平穏で静かで小さな発見がある。一見何と言うことはないこんな日々を積み重ねると人生というタペストリーが織り上がる。小さな日々の切れはしを誠実に積み上げていくことこそが幸せ。そして幸せになるための工夫、幸せのための時間を確保するための効率化、努力を精一杯。

やっぱりポイントは損?

 先週モールで見つけたオニールのリネンスカート。昨夏は暑く涼しいリネンのスカートがほしかった。楽天ではなかった色があり、形も気に入り購入しようとしたが、次の日以降に買うとポイントが10倍になり購入5400円ごとに500円無料券が出るという。その店のポイントカードは持っていないが、店員さんが勧めるので、ポイントカードを作り次の日以降に買うことにした。

期限は本日までだったので店を訪れる。一緒にデニムジャケットを買い清算すると500円券が7枚と3500ポイントがついた。単純な私は1ポイントを1円と考え、合わせて7000円の買い物ができると考えた。またお店に行くのは面倒なので、オーチバルのトートを買うことにした。昨年大活躍だったトートの色違い。ここまでは冷静に計算したつもりだった。お店の人に、ポイントや無料券の消化狙いと思われ恥ずかしい感じがしたが、7000円を無駄にしたくなかった。モールを逡巡して再度店に入り目当てのトートを指した。あいにくほしい色はなく2駅先の系列店にあるという。ここまで来たので系列店に連絡をいれてもらい移動した。

系列店に着くとにこやかに店員さんが出迎えてくれる。トートは9504円だから2504円を支払うだけでよい。なんだかポイント目当てと思われるのが嫌で気になったピンクのソックスも一緒に買う。

店員さんは7500円ほど差額が発生すると言う。無料券は使えたが、3500のポイントは、5000ポイントで500円になるだけだった。

 その店に行くまでの交通費、時間、差額のお金。結局は7000円得するつもりが、7500円の損になったような、そんな気がする。