日々の切れはし 〜50才からの目線〜

平穏で静かで小さな発見がある。一見何と言うことはないこんな日々を積み重ねると人生というタペストリーが織り上がる。小さな日々の切れはしを誠実に積み上げていくことこそが幸せ。そして幸せになるための工夫、幸せのための時間を確保するための効率化、努力を精一杯。

楽天エクステ定期が払い戻されたその後

 楽天エクステ定期預金が払い戻されました。

この預金、金利が高いかわりに、いつ解約できるのかは楽天銀行が判断するとなっています。私の場合は期間10年。

すなわち10年間置いたお金の運命は楽天銀行が決める状態にあったわけです。

勤めを辞めた当初、金利の高い銀行預金を探していて飛びつききました。やたらと警告が多いなと思いながらあまり考えずにYESを選択し続け300万を預けました。

確か0.5%から最後は1.2%くらい年々金利が上がっていく定期預金でした。

1年目の利子をいただいたところで解約しようと思いました。300万を10年預けっぱなしにするより投資をしたいと思ったからです、

しかし頑として「解約」ボタンが出てこない。よほどの事情がない限り解約はできないのです。それは預ける前に警告したでしょ、という感じでした。

真っ青になりましたが、本当のお金持ちは財産を残したままこの世を去ると書かれた本の一説をよみ、10年くらいいいやと思い直しました。

しかし、マイナス金利のご時世、楽天銀行がどこまで高金利を捻出できるか疑問でした。けれど解約自由となった途端、銀行の資金が一気に流出することもあり得ますから易々とはあきらめないんだろうなと思い3年が過ぎた今年、楽天銀行普通預金に300万を超えるお金がありました。あれ?と思ったのも束の間、とうとうエクステ定期が払い戻されたのだと思いました。3年目の利子は12000円と少し、これは元利継続ではなく、利子だけが普通預金に入れられる仕組みだったので複利で投資はできませんでした。(そこもどうかと思う)。

しかし10年たたないと(3年経過していたのであと7年)自由にできないと思っていたお金が戻ってきたので、鎖が外されたかのように嬉しかったです。

しかし、衣服費に散財する私ですから、早いとここのお金をまるまるどこかへ投資しようと考えました。いろいろ検索するうちに、3種類のJ-REIT保有すると毎月分配金が入るという記事をみつけました。筆者の方はそれをお小遣いにしているそうです。

100万を3つのJ-REITに投資して毎月分配金をもらう。今度はその方法に飛びつきました。先週末日経が下がったのと同じくJ-REITも下落していました。早速300万近くまで購入し悦にいっていましたが、株のクロス取引で3月の優待取をあらかじめ計画していたので、それ別証券会社での残金100万程度を予算にしていました。しかし優待の株式を合計していくと、あの300万があればもっと優待が取れることに。あと1日J-REITを購入せずこちらに投入していたら、と思うとつくづく投資には冷静な計算が必要と思った日でした。しかも300万を投じたJ-REITの分配金は毎月8000円から1万程度。分配金で衣服費を賄おうと野望を抱いているのですがほんのちょっとの足しくらいにはなるけれどまだまだ憧れの分配金生活には程遠いようです。