日々の切れはし 〜50才からの目線〜

平穏で静かで小さな発見がある。一見何と言うことはないこんな日々を積み重ねると人生というタペストリーが織り上がる。小さな日々の切れはしを誠実に積み上げていくことこそが幸せ。そして幸せになるための工夫、幸せのための時間を確保するための効率化、努力を精一杯。

オリエント

 着物がぴっちり入るコロコロを探している。母の着物でお直しやら羽織に加工やら、着付けの先生に見てもらう着物を運ぶためだ。

色々調べると、グローブトロッター21インチがしっくりくるらしい。

今日早速実物を見に百貨店へ。

思っていたグリーンやグレーは店頭になく、代わりにアイボリー、ネイビー、オレンジ、ブラウンがおいてあった。

持ってみていいなと思ったのはコロニアルブラウン。しかしヌメ革のベルトといい、ゴールドの留め金といい、何となく高級趣味な感じ。シンガポールで買ったTUMIのスーツケースがお気に入りな私には似合わない感じ。

着物を運ぶものはいるのだが。

つれづれにグローブトロッターのサイトを見ると、オリエントと銘打つシリーズが。何とも言えない色の漆をほどこしたスーツケース。

オリエント、名前がしびれるな。

オリエント急行を思い浮かべるのは、もちろんクリスティファンだから。

いつかいつか乗ってみたいと思ったが今はなく、オリエンタル急行ならあるらしい。

それでも良いと思ってはや30年。今や長期旅行はいけない身。せめて瑞風なる豪華列車に乗ってみたい、いや乗るつもり銀婚式に。

その時には、オリエント、持ってみたい。

広告を非表示にする