日々の切れはし 〜50才からの目線〜

平穏で静かで小さな発見がある。一見何と言うことはないこんな日々を積み重ねると人生というタペストリーが織り上がる。小さな日々の切れはしを誠実に積み上げていくことこそが幸せ。そして幸せになるための工夫、幸せのための時間を確保するための効率化、努力を精一杯。

今の着物で、もう十分だ。

 はてなブログで自らのブログを開設して、今日で2年目だ。とブログからのメッセージで知る。

2年前は、何を書いていたかと遡ると、断捨離の記事であった。

今日の最初に書いた記事も断捨離。3月のこの頃は、捨てに目覚める時期なのかもしれない。

ブログを始めた頃は、他の人気ブロガーさんのように、本を出せないかと思っていた。人気が出ないのももちろんだったが、プライベートなことを素直に書く記事が多くなり、これでは、プライバシーも無くなる、と消極的になった。結局、自分のプライバシーをさらけ出すことが、かなり嫌いな自分であった。

 

さて、今日は着物をお手入れに出す日。お気に入りのグローブトロッター エミリアを初下ろしした。着物を運ぶ為に購入したのだ、勿体ぶってどうする。

着物はぴっちり入り、外側はエミリアのクールなピンクとグレーで申し分ない。片輪キャリーなので人混みではひきにくいが、電車に乗ると、コロコロ転がらないので便利だった。

着物お手入れのカウンターで、カチカチと鍵を開けるのも何だか着物を大切に持参している気がして嬉しい。

さて、着物2枚と長襦袢1枚のお手入れ、道行きお直し1枚で、合計はざっと10万円!

これだから、着物離れが起きちゃうんじゃない?お手入れに毎年10万とか、きつくない?

しかし、とても丁寧に対応して頂いたし、そんなによい着物ではなく恥ずかしい位だったけど。道行きのコートはそれこそ20年以上前に作ったものだ。でも、直してまた着られる。どれも愛着があるものばかり。今ある着物を大切に楽しく着ていきたいな。