日々の切れはし 〜50才からの目線〜

平穏で静かで小さな発見がある。一見何と言うことはないこんな日々を積み重ねると人生というタペストリーが織り上がる。小さな日々の切れはしを誠実に積み上げていくことこそが幸せ。そして幸せになるための工夫、幸せのための時間を確保するための効率化、努力を精一杯。

バッグが買えない

 壮大な貯蓄計画を書いた後だが、本日の買い物のことを少し。

買う物というのは縁やめぐりあわせ、流れがあるんだと思う。

 

オーチバルのトートを私にしては珍しく半年ほど愛用していた。店頭で一目みて購入し同じ店で購入した皿を入れて帰ってきた。すぐにバッグとして役に立ったのである。

オーチバルのグレーのトート。2色使いではない方のグレー1色のもの。

オーチバルとしては5代目。ストライプ大、アイボリー大、アイボリー小、アイボリー×グレー小の後の全部グレー大である。

2色使いだとカジュアルだが、1色だと学校でも歌劇でも〇〇zapでも違和感がない。大なのですぽすぽ入る。

半年も使えばくたびれてきた。季節が変わり、もう少し明るい色に代えようかなと思っていた。

 モールで初代のオーチバルを購入した店で買おうと思っていた。前日見た時は全色そろっていたのでいろいろ持ち比べてぴったりのを買えるからだ。

 〇〇zap終了後ランチを取りモールへ。ランチは4F、目指す店は2Fだ。このモールは下の階に降りるのに進行方向と逆に取り付けられたエレベータに乗らねばならない。乗ってまず3Fについた。小さなお店に人がぱらぱらと集まっていた。見ると「閉店セールですべて50%OFF」の文字。オロビアンコの商品を取り扱っていた。

今まで一度も入ったことはないが(だから閉店なのか?)50%OFFには釣られる。

ちらっとみたポシェットも軽量でいい感じ。しかしスナップ留めがないのが気に食わず店内へ。まずショーケース内のピンクの小銭入れが目に留まる。これの色違いのブラウンを以前愛用していた。その時はピンクと迷って汚れが気になるのでブラウンにしたが、店頭にあるのはピンクの1点のみ。50%OFFならと考える。すかさず店員が丁寧に「気になるものがあればお出ししますよ」と近寄ってくる。一度断って店内を見まわしたがやはり財布が置いてあるショーケースにもどり、ピンクの小銭入れと隣にあったコンパクトそうな財布を出してもらう。店員は他の財布も2、3種一緒に出してくれた。

見比べた瞬間、ピンクともう一つのコンパクトな財布の購入を決意。ずっとカードが1枚きりしか入らない小さな財布を探していた。

会計もスムーズで(前の人が商品を迷っており順番が繰り上がった)カードのポイントも使えた(何気なく出したカードにポイントが貯まっていたのだ)。すべてが買うべくして買えたかのような一連の出来事であった。

さて、もともと向かっていた2Fの店はさらに1階おりて反対側である。あまりにスムーズに財布が購入できたので、もう行くのはやめようかと思ったが、初志貫徹で何とか向かう。オーチバル、全色そろっていると思っていたが、比較しようとしていたアイボリー×グレーはなかった。あとはあった。

今まで店内はがらんとしていて店員もすぐ近づいてきたのに、今日に限って、2名いる店員はどちらも接客中であった。ふと見ると違う形のバッグが目に入る。グレーという色が気に入っていたので、形をかえようかと思い直した。そのバッグは一番上の棚にありすぐには手がとどかない。近くの店員は、おばあさんと孫らしき人があれこれ服をあてている人に接客中。バッグを見つめていてもだれも近寄ってこない。しかたがないので、バッグを見たいのだがともう一人の店員に尋ねた。一番上の段で店員でも届かない。おばあさんの相手の店員は男性でその人にとってももらう。今までとは違う形も試し買ったのでもったがいまいち小さい「小さいですね、今まではこちらの(と自分のを見せ)グレーをもっていて、そろそろ違う色に買い替えたくて」と女性の方の店員に話かけたが「はい、コンパクトです」と目を合わせず、今まで相手をしていた客が試着を終えたらしく、さっと戻ってしまった。

バッグをおろしてくれた男性店員はおばあさんの接客に戻っている。

「忙しそうなのでやめます」と言って、店を出た。

だって、あんまりな対応でしょ。

かくして買える運命にあるものは買えるし、買えないものはいつまでも買えない。

お財布も買ったし、お金を貯めるんでしょ。だったら今のお気に入りのオーチバルを使い続けなさい、というメッセージにも思えた。