日々の切れはし 〜50才からの目線〜

平穏で静かで小さな発見がある。一見何と言うことはないこんな日々を積み重ねると人生というタペストリーが織り上がる。小さな日々の切れはしを誠実に積み上げていくことこそが幸せ。そして幸せになるための工夫、幸せのための時間を確保するための効率化、努力を精一杯。

資産1億円計画その2

 昨日おこがましくもタイトルの資産計画を立てました。

もう少しち密にしてみようと、今日一切合切資産を合計してみたところ、

1億円の68.5%でした。(生々しいので金額表示は敢えて伏せ、すぐわかるけど)。

保険の解約返戻金、年金、手元の現金までいれてつぎはぎ。

しかしつぎはぎでもいいから「1億円」にしてみたいのです。

そのとき、内緒にしてきた私個人の資産も全部夫に見せて(今までぼんやりとしか言っていない)、「1億円貯まったから」と言いたいのです。

「1億円あれば」、人生の見方が変わるんじゃないかなと思います。

それは、「住宅ローン完済」と同じような感覚なのではないかと思います。ローンは借金だったので、大きな借金がなくなったという肩の荷を下ろしたようなそんな感覚、プラス、自由に使えるお金が(実際には学費やら生活費やらで自由にはならないんでしょうけど)1億円あるという可能性の塊、新しい生活への希望(最近、引っ越したい病です)、何もかも捨てて新天地に引っ越しちゃってもいいんだ、家だってキャッシュで買える(どこかのブログで1億円貯まったら沖縄に移住を目標にされているご夫婦がいました)、という強気な決断もできそうな。

 

 さて、現実に戻り、1億円のためには(この1億円と連呼すると、金額が近づいてくるような気がするのですよね)、今の68.5%の資産にあと約30%が必要になります。ざっくりと3000万円。3年だと年1000万、2年だと年1500万貯蓄できれば可能です。

2年後はきりのいい2020年ではないですか。せっかちな私は早く結果が見たいのです。

年1500万達成のためには、月125万です。年1000万だと月83万。

すなわち、一家全体の資産が前月より最低125万増えていれば年間1500万達成、月83万増えていれば年1000万達成となります。

 

 金額を具体的に詰めていけばいくほど、やるべき心が定まってきます。

これからは着物も洋服も歌劇も我慢するぞ、と何度このブログに書いてきたことか。

 投資でもなんでも子供のジュニアNISAでも、一切ひっくるめて月125万円増加を目安にがんばっていきたいと思います。住民税とかごそっと取られる月もありますので、均して月125万ですね。何もない月は必須ということで。