日々の切れはし 〜50才からの目線〜

平穏で静かで小さな発見がある。一見何と言うことはないこんな日々を積み重ねると人生というタペストリーが織り上がる。小さな日々の切れはしを誠実に積み上げていくことこそが幸せ。そして幸せになるための工夫、幸せのための時間を確保するための効率化、努力を精一杯。

猫の一声

 資産1億円計画を続行中である。昨日から。

・・・にも関わらず、昼間から酎ハイをあけ、こころがゆるゆるし、〇〇zapで厳禁の糖質のおせんべい、柿ピーを食し、とうとう1本あたり115gの糖質(〇〇zapの1日摂取可能糖質量は50gである)のぶどうパンに手がのびた。(かろうじて自制してほんの3cmほどにした)。

 こうなってからスマホを見出すと大変である。

 ここ数日買おうか悩んでいた服。以前一旦購入したが、イメージにその時は合わないと思ったので、往復の送料を支払い色違いに交換してもらったにも関わらず、前の色も欲しくなったという、売り手からも軽蔑されるような、服に手が伸びる。プラスまた数日前からGジャンを着るようになって、同じメーカーでちょっと大人なGジャンもほしいなと思い始めていた頃で、前の色のブラウスを注文するときにGジャンなんかも一緒に注文したら、お客様って感じでいいんじゃない、ともはや脳がダメダメモードになった。けれどポチっとしたら買えてしまう世の中である。まさにポチっの手前に、ドアの前で猫が鳴いた。

うちの猫だが、リビングへのドアは自分では開けられない仕組みになっている。ポチ手前のスマホを離しドアを開けてやらないと猫はいつまでも鳴く。

 これは、買ってはいけないというシグナルでは?

昨日の記事に書いたが、縁のない物は買おうとしてもなぜか買えないものである。

かくして2日目にして散財しようとした窮地をわが猫は救ってくれた、のだ。