日々の切れはし 〜50才からの目線〜

平穏で静かで小さな発見がある。一見何と言うことはないこんな日々を積み重ねると人生というタペストリーが織り上がる。小さな日々の切れはしを誠実に積み上げていくことこそが幸せ。そして幸せになるための工夫、幸せのための時間を確保するための効率化、努力を精一杯。

お金を貯めるということ

 ヘレンカミンスキーの帽子にSiSiSi comfortのワンピース、アトリエナルセのリネンレギンスにミナペルホネンの靴下にビルケンシュトックのサンダル。

オーチバルのトートを持ちヘレンカミンスキーの帽子ホルダーをつるす。中にはミナペルホネンのバッグをエコバッグがわりにいれる。

概算トータル金額=32000円+28000円+10000円+2100円+12000円+5000円+9500円+6000円程度は、10万4600円。

今日の私の格好である。アトリエナルセのレギンスとオーチバルのバッグ以外すべて今年になって購入したものである。

 方や無印のシャツ無印のパンツ無印のバッグだったら、総額10000円でもいけるかも。10万マイナス1万は、9万である。

私は9万を余分に使い、無印を選んだ人は家に9万残る。

 

 ナチュラルブランド本そっくりそのままの格好をしているより、私は、家に1億ある方が勝ちだと思うようになった最近。だって50才過ぎたら無印でもヘレカミでも、かわらなくはないか。

とやっと悟ってしまった。もちろんおしゃれにお金をかける気持ちは十二分わかる。しかし、もうお金がかかっている成りより「家に1億円の貯蓄」の方がよいのだ。

 

 夢は、こじんまりとした家に住んで質素に暮らしていそうで、実は大金持ちというのになった。小さな家なら家事負担も少ない。庭や設備の手入れも楽。

 

さて買い物に行った私は、節約ブログにならって、OFFの札のついている食品を選んで買った。かまぼこ128円が10%OFFでレジでマイナス13と表示されて、13円得したんだとなんだか初めて知った気がしてしまった。

 この人OFFのものばかり買っているとお店に思われたって「家に1億円」である。やっぱりこちらの方が勝ちだと思う。

 こうして安く買った分だけお金を貯めていくんだ。と再確認した。