日々の切れはし 〜50才からの目線〜

平穏で静かで小さな発見がある。一見何と言うことはないこんな日々を積み重ねると人生というタペストリーが織り上がる。小さな日々の切れはしを誠実に積み上げていくことこそが幸せ。そして幸せになるための工夫、幸せのための時間を確保するための効率化、努力を精一杯。

直感のままに

 悩んでいることがある。

直感と頭で考えていることが真反対な事である。

1つ目は、住民税の支払い。

今年は総額22万円になる。手元には、メルカリのIPO抽選で外れた30万円がある。即金で支払うことができる。しかしカードでチャージしてナナコで支払えばポイントがつくというシステムがある。昨年はそれで支払った。楽天カードでチャージしたので、楽天ポイントがついた。しかし楽天カード明細の迷惑メールが来るようになり、楽天カードを解約した。今年はセブンカード(だったか?)をこのために新しく作った。

 しかし、ナナコにチャージは1回5万円まで(だったか?)、22万円を払い切るには何度もチャージしなければならないし、1回5万円までチャージすると、2回目までに期間をあけなければならないし、セブンイレブンで残高照会(だったか?)しなければレジで支払うこともできない、3段階ほどステップを踏まなければならない。おまけにカードチャージなので、実際の支払いは次月か次々月となる。

ポイントはつくかもしれないけれど面倒くさい。

即金で1年分支払ってしまって、カードを解約したい。

ポイント:頭で考えている事。

現金で全額支払い:直感である。

 

 2つ目は服のこと。

 いらない服をリサイクルショップに買い取ってもらおうとしている。段ボールに詰めている途中だが、ついこの間まで来ていたワンピースが色あせている。ネイビーとカーキの2着を購入し3カ月ほど毎日交互に着ていたからだ。ウエストで結ぶ好きなデザインであり、袖丈、着丈がぴったりであった。秋冬服もかなり処分しているので、正直、秋が始まって長袖で着られる服はこのワンピースのみである。そしてなじみのブティックで購入した。今度秋服を買うときにこのワンピースを着ていけばブティックは喜ぶだろう、他の場所で購入した服を着ていくとなんだか機嫌が悪いブティックである。

しかし、色あせているし、秋になってもう一度この服を着たい気持ちが起こらない気がする。

頭:秋になって着る服がないし、また秋服で散財してしまうかもしれない。今度ブティックに行くときに着ていくものがないよ。このまま置いておこう。

直感:色あせたワンピースがハンガーにかかっているのがもはや嫌だ。秋になったら好きな服を買ったらいいじゃん。それに友達だからといってブティックの機嫌をとるのはどんなものだろう。

 

数日前までは頭で考えていることを実行しようと思っていた。

が、たまには直感に従ってみるのもいいかもしれない。

直感のままに動いたらどうなるのか、頭であれこれ計算せず、やってみようと思う。

 

3時間後。

早速銀行でお金を下ろして、速攻ローソンで全額払いました。22万2100円。

ローソンの店員さん、いつも仕事が早い人に当たってサクサク終わりました。

スッキリした〜。

そのあと、乱暴な運転の車二台に道を阻まれて、電車1本乗り損なったけど、無事済んだのでよかった。