日々の切れはし 〜50才からの目線〜

平穏で静かで小さな発見がある。一見何と言うことはないこんな日々を積み重ねると人生というタペストリーが織り上がる。小さな日々の切れはしを誠実に積み上げていくことこそが幸せ。そして幸せになるための工夫、幸せのための時間を確保するための効率化、努力を精一杯。

すずめ

 はてなブログでは1年前の記事を振り返ってみませんか?

と1年前の記事のURLが届くサービス?がある。

ランダムに来ると思っているけれど法則はあるのかもしれない。

 

で、1年前あたりの7月23日では、保護した雀を放した記事であった。

1年前は、雀を放しても何のことはない気候であったのだろうか?この連日の猛暑。今年なら秋まで待ってしまいそうだ。

 

そして雀である。雀好きは合いもかわらず、最近みつけた清課堂さんのオンラインショップで、雀の根付を買った。ちょうど1年後のこの時期である。

そして本日も雀のお香立てを購入した。

「笹に雀」という垂涎のお香立てである。一目ぼれで、載せるお皿も一緒に購入した。

清課堂さんは、オンラインショップで注文するとすぐ対応してくださったので、こちらもすぐ届くだろう。

検索するとこちら笹に雀のお香立ては人気で、京都に来るやいやな即買いの人もおられた。

ついでに、今年傘寿の父(卯年)のためにうさぎのお香立てと、喜寿の母にかめの根付を注文した。母の午年のものはなかったので「うさぎとカメ」に合わせた感じである。

まさにうさぎとカメのような夫婦なのでよいかもしれないと一人ほくそ笑む。

こうお祝いできるのはありがたいと思う。