日々の切れはし 〜50才からの目線〜

平穏で静かで小さな発見がある。一見何と言うことはないこんな日々を積み重ねると人生というタペストリーが織り上がる。小さな日々の切れはしを誠実に積み上げていくことこそが幸せ。そして幸せになるための工夫、幸せのための時間を確保するための効率化、努力を精一杯。

2019 年の目標

 来年が近づいてきているので、とりあえず今浮かんでいる目標を掲げてみる。

 

1.禁酒

2.5kg減

3.すべて貯蓄

4.服を買わない、着物を買わない

5.ヅカに行きまくる

6.月1回は着物を本格的に着ておでかけする。

7.髪を短くして、ヘナ染めを隔月に1回にする。

8.ヴィトンのタイガの長財布と小銭入れを使って本当にお金が貯まるか検証

9.毎日のトイレ掃除、玄関掃除を完遂し、本当にお金持ちになるか検証

10.要らないものをとことんまで処分してすっきりしたら本当にお金持ちになるか検証

 

 

1.お酒はある程度はよい、という言葉につられていましたが

やはり体には悪いですよね、「ぼくたちは習慣でできている」の著者の方が条件付けで飲んだりするよりは、飲まないと決めてしまった方が楽、というようなことを書いており、「飲まない」という選択をしようと思います。これで、夫もお酒を飲まなくなるようになるとよいなという期待をこめて。

 

2.Rizapで7kg減の55kgあたりで落ち着き、最大マイナス9kgの53kgになってもほぼ誰にも「やせたね~」と言われませんでした。50kgになれば、少しは変化がみられるかな。グダグダになって続いているRizapで、来年はもう5kg減らしたいなぁ、しかしRizap代を予算に組み込めなければばならない?

 

3.2に一部反目してしまうのですが(なので目標は今の時点ではTransient)、何も買わずすべて貯蓄というか投資しようと思います。

 

4.と兄弟です。服も買わず着物を買わずにいればお金はたまるはず(本年の散財額、着物関連で400万、洋服関連で200万)。

 

5.4と兄弟です。「服(着物)を買うくらいなら、ヅカへ行け」を合言葉にがんばりたいと思います。

 

6.3と兄弟です。新しい服(着物)を買うことなく、優雅な気分に浸るには私の場合はこれです。着物をしっかり着て、美術館やら観劇やらに行きます。こうしたら物欲、抑えられるんじゃないかな。

 

7.健康的な観点から。毎月ヘナで白髪染めを行っているのですが、どうも皮膚の調子が悪い。頭部湿疹が気になるのです。負担を軽くするために、月1回の美容院は、2カ月おきにヘナ染め、代わりの2カ月おきは、カットのみとしたいです。多少の白髪でもしっかりカットしていれば身ぎれいにみえる筈。

 

8から10は検証シリーズです。

税理士さんが書いた本にヴィトンのタイガが紹介されていました。お金が貯まるようになったのは、そのお財布を奥さんからプレゼントされてから、というような内容(すみません、うろ覚えです)。

とにかく、ヴィトンのタイガはお金のくつろぎ先として最上といったようなことが書かれてありましたので、女性が持つには地味と感じていたタイガをあえて購入して検証してみようと思います。こちらはすでに購入して、その税理士さんが書いていた100万円を使う前に入れて、財布が多額の紙幣に馴染んでから使うを準備中です。

私は新札で100万をいれたいので、毎日ちょこちょこ新札に代えてストックしています。

トイレ掃除や玄関掃除は鉄板ですね。毎日がんばって掃除して検証したいと思います。

10はミニマリストもどきの私がもうちょっと極めたい項目です。