日々の切れはし 〜50才からの目線〜

平穏で静かで小さな発見がある。一見何と言うことはないこんな日々を積み重ねると人生というタペストリーが織り上がる。小さな日々の切れはしを誠実に積み上げていくことこそが幸せ。そして幸せになるための工夫、幸せのための時間を確保するための効率化、努力を精一杯。

アンナ・カレーニナ 後編

 さて、帰宅するこどもを優先して、泣く泣く後編を観ずにホールを出た初日。

結局その日は、こどもは部活のミーティングで遅くなり、17時閉演でみやちゃんの挨拶を聞いてダッシュで帰宅したら、多分大丈夫だった。でもカーテンコール何回かわからないし、初日はみなさん気持ちよく何度も拍手するだろうし、その中で帰る路を急ぐ人にならなかったのは、よかったのかな。

 

で、今週11時公演のチケットを取っていたのはよかったけれど、

なんとダンナがインフルに罹り私も熱っぽいので諦めようとしていました。

でも、このチケット、通常ルートではないので通常のお値段ではなく、通常の15倍位したもので、これを棒に振るのかというのと、あの後編が観たいと思っていたら、

ダンナ回復、私も罹っていないことが判明し、もし晴れていたら行くのだと思っていたら晴天。

でもインフルは5日間位家に閉じこもりなのよね、「買い物に行ってくる、それも遠く」みたいな言葉を残して、後半のためにダッシュ

上手く間に合って、お隣の座席の人に飴をいただき「前半残念だったわね、貴重なチケットですものね」なんてお話をし、根性で後半をみました。

 

アンナは、ネタばれになってはいけないので、結論は書けませんが、やっぱり、こういう結果になるのね。といったところで、各所で嗚咽が聞こえました。

 

で、フィナーレ。

黒燕尾服の踊り、センターれいこさんからのみやちゃん登場。

れいこさんの正統派の男役から、みやちゃん登場で、華やいだ雰囲気。

これ、いい!

大劇場でこの順番でやろうよ(みやちゃんトップ、れいこさん2番手)。

小川理事長、お願いします。

 

閉幕のあとの、みやちゃんの挨拶も聞けたし(バウは毎回挨拶ありなんだろうか)。

まずはよかったよかった。

 

来週、もう1回11時公演に行きます。

今度こそ全幕通しで見て、幕間はサンドイッチとコーヒーを食すのだ。

 

「美弥るりかはトップになりますか?」のyahoo質問箱に「トップになります」と力強い答えがあって「そうだ、そうだよね」と膝を叩いた。

いずれはどうあれ、ヅカジェンヌは最後があるからこそ、1場面1場面大事にみようと誓った日でした。

 

PS

2019年1月29日追記

やっぱり、というかとうとう、美弥るりかさまの退団発表になってしまいました。

あっちみてもこっちみても、応援の声がある中、退団フラグがたちまくっていて、それを信じたくない沢山の声が。

こんな中で強引とはいえ、アンナカレーニナを3回も観劇できたのは本当によかったと思います。どなたかのブラグにヴィロンスキーのみやさまの前髪がよいと書かれていて本当に本当に麗しき貴公子でした。

あんなに色気があってかっこよいジェンヌさんが退団なんて残念ですが、それまで観劇できて、本当によかったです。

みやちゃん退団の月組宮本武蔵、千秋楽こそは当たりませんでしたが、SS席が友会で当選したので絶対見てきます。