日々の切れはし 〜50才からの目線〜

平穏で静かで小さな発見がある。一見何と言うことはないこんな日々を積み重ねると人生というタペストリーが織り上がる。小さな日々の切れはしを誠実に積み上げていくことこそが幸せ。そして幸せになるための工夫、幸せのための時間を確保するための効率化、努力を精一杯。

1億円分の幸福は得られたのか?家を買うことと億万長者への分岐点

 ブログ更新が2カ月以上空きました。

その間主にアーリーリタイヤや米国株ブログ関連を読み漁っておりました。

沸々と湧き上がってきた疑問について書きたいと思います。

 

 誰でも投資すれば億万長者になれる。

というのは最近の通説です。仮想通貨とか株とかで億り人になった人の特集は目につきます。

本当になれるのか?と我が家で考えてみた結果、「なれる」というのが結論です。

但し、道を間違えなければ。。

 

 現在の持ち家は、4700万ローンと頭金プラス諸経費あわせて7000万ほどかかりました。

以降家に関しては手を加えた金額は

庭整備100万

私の仕事部屋増築 200万

ネコの逃亡防止と全天候型洗濯物干し増築 200万

近所の墓購入 100万

とざっと600万ほどかかり

 

近くに畑を借りた

年間10万

ペットを飼った

ペット関連費

年間30万

子どもを私学に行かせている

年間教育費100万

で10年で2300万で、上の600万をあわせて3000万弱かかっています。

 

ということは、持ち家をもって10年で1億円を費やしているということになります。

 

一方持ち家をもったことによって、家でのくつろぎやすくなり、「仕事やめようかな」と思い、私の仕事を辞めてしまったことで、最後の年収が900万ほどでしたから、

900万かける10年で9000万の機会損失

があったりします。

押しなべて2億円のマイナス

 

たらればですが、その2億円をはやりのamazon株(10年前なら格安)に投じていたなら資産は無限大、わかりやすくファーストリテイリングの株に費やしていても

で2011年で、当時1株10000円ほどみたいですので、現在66000円位になっているので、資産は少なく見積もっても6倍以上にはなりました。

して2かける6で12億円 

5億円ともいわれる超富裕層の仲間入りです。

 

12億円を年利2%で回したら年収2400万はいき、主人に仕事やめてもいいよ、レベルになっていたりします。

 

結論としては家を買ったことの機会損失は12億円ということになり、

我が家の場合は億万長者になれたというところです。

 

一方思い出はプライスレスですので

犬を飼った プライスレス

猫を拾った プライスレス

子どもの小学校が近くなった プライスレス

友達がかわって、私学受験をしようという志に変わった 未来にプライスレス

 

となりますが、ペット関連費用は年間30万ですし、年間教育費は100万となっていますので、プライスレスというわけにはいきません。

仮に子供が出世して食うのに困らなくなるという希望的観測にしろ、12億円分の価値があったか、私学受験をしなくて、効率的に子供が食うに困らなくなる可能性もあった。

のかもしれません。

 

振り返れば、家を購入するというのはかなりのリスクなんですね。

今は住宅ローンも完済して、純資産1億円をめざしてがんばっていて、達成可能な感じになってはいますが、

 

はたして、家を購入したことによる億万長者への機会損失を補えるくらいの幸福を家からいただけているのでしょうか?

 

近所の子供は小さくて、越してから永遠に外で騒がしく遊んでいて(越してから生まれた子供が多数?)、新興住宅地なのでまた若い家族が越してきて、子供が外で遊んで。。。のループがあるし、畑を借りたはいいけど野菜が出来過ぎで頭を下げて近所の人にもらってもらっている状態で、おまけに自治会役員を押し付けられて、ハードワークの主人が寝る時間を減らしてこなして、子供の文化祭は、敬老の日の祝い品を自ら熨斗をつけて買付にいって、半分した見れなかったし、

 

いいことあったんでしょうか?

 

機会損失ほどはなかった気がする、

 

しかし、

昭和の持ち家神話とか、犬猫を飼いたいとか、畑をやりたいとか

思っていた我が家なので、持ち家に憧れ続けていつかは購入したとは思いますし、

今のように株の勉強もしていないので、わかりませんが。

 

もう少し金融リタラシーがあったらな、せめて今位。

 

と思うのでした。