日々の切れはし 〜50才からの目線〜

平穏で静かで小さな発見がある。一見何と言うことはないこんな日々を積み重ねると人生というタペストリーが織り上がる。小さな日々の切れはしを誠実に積み上げていくことこそが幸せ。そして幸せになるための工夫、幸せのための時間を確保するための効率化、努力を精一杯。

来年の試算(貯蓄目標、節約、ミナ、宝塚歌劇など)

 12月になりました。

昨年の同じころのブログを読むと、次年の貯蓄目標を記載していました。

曰く散財を止め全てはS&P500に投資する。

ということでした。

 

minshika.hatenablog.com

 

リアルでやっていればね~、ほんと、VOOはあがりましたから、よかったんですけどね、

加えて、なんで カナディアンソーラーインフラ投資法人を売ってしまったんだ~!

これ、9万円台で買っているんですよ。家計総額700万ほどかな、

もっていればね、プラス300万になって、配当金額も1年で50万ほどになっただろうに、機会損失350万か、余裕で家計総額8000万いったのに~。

 

仕方ありません。株に「タラれば」は付き物です。

しかし最悪S&P500に投入していれば、よかったのにね。

 

いつもいつも散財の反省をし、次年度は「何も買わない。お洋服買わない、着物買わない、ミナも買わない、で全額投資」という目標を掲げてきましたが。大体守れてない(汗)。

 

しかし、今年は今までの散財金額を月毎に見える化し、月毎の散財額と過去と比較していく、という方法を取り入れてから、なんと、昨年比50%落ちになりました。もしかしたら、記録を付け始めた2015年来一番低い消費水準になるかもしれません。税金とか年金とかが上がっているからトータルでは越えますが、実質の消費金額では最小になりそうです。

 

という訳で、来年はもっと消費額を抑えられるかもしれないと思っています。

 

あとは、着物洋物を買いすぎて、少し飽きた。着物は離れようとしているし。

 

minshika.hatenablog.com

 しかし、ミナだけは。ミナペルホネンだけは。

少なくなってないの!

計算してみたら、2017年以来毎年80万位は使っているの。

ミナ始めの2016年ですら50万。

逆に言えば、少なくも多くもならないけれど、80万は使ってしまう、という傾向があるのです。(減らしたい)

 

なぜなのかといえば、やはり「小出し」なんでしょうね。消費心をくすぐるのは。

製造事情によるのだと思うけれど、ミナは「小出し」です。

毎水曜日と土曜日にオンラインストアの商品が更新されます。この週2回の更新日がわくわくするというかそわそわするというか、たくさんアップされたらドキドキして1っずつ見るし、少なかったらとか、自分が予約してもう手に入れているものがアップされていたらがっかりだし、とにかく水曜日と土曜日に支配されている感じです。

 

プラス、ミナの直営店の限定品も非定期にオンラインにあがったりします。この間のPORTERのコラボとかもそうです。

 

minshika.hatenablog.com

 

あの日も本当にすごかった。

直営店では即完売、オンラインストアでも5~6分で完売の品も。

みんなうずうずしながら散財を重ねているんでしょうかね。同志です。

同志なんだけど、敵だったりします。ミナ争奪戦です。

だから、多分来年も翻弄されるのではないかと、ミナの魔力に抗うことは、あるいは飽きてしまうかまで続くのかな。

 

あとミナの魔力といったら、来シーズンの予約会ね。

これがまた、その時お披露目だから、気合が入る入る。

季節は秋冬なのに、暑い春夏の予約会。

春夏の場合は逆で、暑い季節に寒い季節用の服やらの予約会が行われます。

季節は逆なんだけど、やっぱり人間飽きるというか、春夏に飽きてくると秋冬に思いを寄せたりします。なので、それも絶妙。

これは、行ける人は行った方がいいと思う。

なぜなら、現物を見ずにオンラインストアでの予約に臨むと(ミナは実店舗のあとオンラインでも予約できます)、写真が素敵すぎてものすごく欲しくなってしまうからです。実店舗では光っていなかったものが、写真だとよく見える。

または実店舗では試着できるけれど、オンラインでは「似合うよね」という思い込みで買ってしまうからです。

来年の春夏物は、恥を忍んで(ミナの服はほぼ妖精仕様)試着を繰り返すと、全く似合っていないことがわかり、1個も予約しなかったんです。

1個も予約できなくて本当によかった。あとはオンラインの予約会の1週間を我慢できれば春夏予約なし、出費なしてすみます。これも大丈夫でした。

だから行った方がいい。冷静になれることを受け合います。

 

しかし、毎年秋冬の予約会の時期は子供のテスト期間だからね、行けないこともある、となるとオンラインの予約会の魔の手にハマって予約するわするわ。

あるいは、行ったはいいけど、そのときは恥ずかしくて予約できなくて(なぜ恥ずかしいといえば物が多すぎるとか、似合わないのにとか)も家に帰ると猛烈にほしくなってオンラインで予約してしまう、ということは2回繰り返しました。

だから、予約会では飽きるほど実物を見た方がいい。飽きると大概欲しくなくなるものです。あと、バッグ大好きなんですが、予約会で予約したものは必ずいらなくなります。今年は全て売りました。要らなかったからね。

だから予約会の私のポイントは「飽きるほど実物を見る」「恥ずかしくても試着する」「バッグの予約はダメ、絶対」ということになります。(これ、来年の予約会の前にも復唱したい)

 

ミナについて語り過ぎましたが、でもほしいものはほしいんです。飽きるまでは。

で、これを配当金でまかなったらと思うわけです。

カナディアンソーラーインフラ法人、1000万強投資で年間配当金50万。

これミナにあてれば?しかし驚愕の散財額80万ですからね、30万は足りないのか。

それでも配当金なら、臨時のお小遣い感覚で使える?だって天から降ってくるようなお金だから。しっかりした人は再投資なんでしょうけどね。

しばらくはカナディアンソーラーインフラ投資法人配当利回り高くなるように落ちるのを待つことにします。

 

あとは、宝塚ですね。

宝塚も行きたいし、たくさん申込して宝塚友の会のポイントを上げることに来年は注力してみることにしました。プラチナ会員になりたい。しかし2500ポイントか。すべての公演(関西のみですが)に申込して、10年継続してあと10万ほどチケットを買わないとなれない計算ですので、ちょっと無理、かな、でも行くこと可能なすべての公演に申込したら何ポイント貯まるのかのテストもしてみたいですしね。バウも申込していみる。

一歩進んでここから節約ポイント。

すなわち、友の会で当選した公演だけしか行かない。

ってしたら、だいぶセーブできるんじゃないかな、加えて申込ポイントもたまるし。

が、例外があります。

どうしても行きたい公演ってやつです。

来年は、雪組トップコンビの退団が噂されていて、多分そうなんじゃないかと私も思っているのですが、だったらどうしても行きたいよ。おまけにウエクミ先生だし。

絶対いいに決まってる。

なので、早々に雪組さんは押さえるかな、

あ、セディナでもいいのか。

銀のステッキだったら、手数料800円かかるけど、セディナは390円だもんね、それに確実性もあるし。セディナに申込しとくかーー?来年だね、もう申し込んだ宙組「アナスタシア」の当選発表が1月だからね、下手したら12月末?またセディナニュースチェックしなくては。

1個押さえたら安心ですね。

銀のステッキ、高くなったし(手数料含めたらS席9600円です。1万円近くて2階席だったら涙しか出ない)ね。もう少し地元なんだから企業努力してよと思いますね。

 

現トップの雪組の退団が終わって、宙組の真風くんの退団が終わったら、すくんだろうな、と思います。

明日海さんも紅さんもいないしね。

星組のこっちゃんコンビも人気ですが、が、私の個人的好みは、そこまででないんだよね、来年のお披露目も見なくてもいいかぁと思っていたんだけど、「ロックオペラモーツアルト」がすごいよかったみたいで、なので、改めて銀のステッキで取りましたけどね、ちょうど子供が海外研修の期間なので。あとは、本当に惜しい公演以外は、友の会で当選した公演だけを見ていくってのはありになりそうです。演目にもよりますが。

 

ミナと宝塚を語っていたら長文になってしまいました。

しかし散財先の2つの実験目標が立ったので、ここでよしとします。