日々の切れはし 〜50才からの目線〜

平穏で静かで小さな発見がある。一見何と言うことはないこんな日々を積み重ねると人生というタペストリーが織り上がる。小さな日々の切れはしを誠実に積み上げていくことこそが幸せ。そして幸せになるための工夫、幸せのための時間を確保するための効率化、努力を精一杯。

懸案のベランダ掃除完了

 お掃除の大切さが身にしみる日々。

お掃除アンド開運本がズラリと出版されているのもわかる気が。

  ちゅらさんのブログ「持たない暮らし、使い切る暮らし」

(ちゅらさん、いつも拝見して参考にしています。しっかりして説得力ありありのブログが大好きです。読者になるボタンがみつからないので、いつも読むたびにポチッとしています。)で、ベランダもピカピカというような記事を読んで以来ずっと気になっていたベランダを掃除しました。

  年末にダンナが掃除をしてくれるのですが、年一回だし、師走の寒い風で乾きも悪く、おそらくは今の季節に掃除するのが、ぴったりではないかと。いや、もっと頻繁にするべきですね。

  猫に邪魔されながら排水口に詰まった髪の毛や泥を取り除きます。

お風呂ではないのに髪の毛が。

洗濯物をベランダに干しているので、洗濯物に付いた毛や、干している時に落ちた毛なんでしょう。

ベランダに屋根はかかっていませんので、雨に含まれた泥も相当のもの。ちゅらさんのブログにあった通り、キッチンスポンジでみがく。

厄介なのは、 ベランダに水栓がないこと。バケツでいちいち汲んで流すを繰り返す。大変です。そういえば、ダンナはケルヒャーで流していたなあと。水源は一階から引っ張ってきていました。

 排水口の前にはクーラーの室外機がありそれをどかさないとキレイにできない。

どかすことが出来たし、排水口の網も取ることができるというのが発見でした。

どちらもできないと思っていたので。

排水口の網は、髪や泥で固定されていたのです。おそろしや。

結果泥と髪の毛を全て取り除きキレイになりました。

キレイというよりは本来の姿に戻ったという方がよい程度。

磨きあげるまではいきませんでした。

でもスッキリ。

 これからお風呂や台所の排水掃除を依頼するので、ベランダも頼める位。すなわち人に見せられる位になりました。

 

 実は昨日見たことのない大きなゲジゲジをベランダでみつけて。長い間、見て見ぬ振りをしているのも限界と思い今日掃除に至った訳です。ゲジゲジは今日はいませんでした。虫の死骸もあって取り除きました。

やっぱりやっぱり掃除は必須で大切です。