日々の切れはし 〜50才からの目線〜

平穏で静かで小さな発見がある。一見何と言うことはないこんな日々を積み重ねると人生というタペストリーが織り上がる。小さな日々の切れはしを誠実に積み上げていくことこそが幸せ。そして幸せになるための工夫、幸せのための時間を確保するための効率化、努力を精一杯。

熱烈な片思いと、祝福された両想い。紅ゆずると明日海りお退団公演を見て。

 昨日明日海りおちゃん退団公演を見たので、紅さんとの続きの退団公演についての感想です。

 

 明日海りおちゃんのは、ザ退団公演って感じです。

シャルムでは、一人舞台で踊るシーンがたくさんあるし、中でも白い衣装の花組生が、中央の大輪の花の舞台装飾からV字に広がって、ただ一人明日海さんだけが踊るというシーンは、5年間歌劇を見ましたけれど、初めて観た演出でした。

黒燕尾の後も、明日海さん一人シーンがあって、ケ・セラ・セラの「明日はわからないさ」は男役の真骨頂だと思います。

 それまで、黒燕尾で、マイティー、あきらさん、かれーちゃんと一人一人絡んでいくのですが、かれーちゃんの肩を後ろから持って前に押し出す場面は、泣けます。レジェンド明日海りおの後はさぞかし、さぞかし、重圧でしょうに(買ったパンフレットにはすっかり痩せたかれーちゃんが写っていました)、前を向いて行けと押し出す明日海さん。泣かせる演出だね。で、客席の涙がピークに達したところで、明日海さんの「明日はわからないさ」と悟った感じで歌われると、そうか、こんな世の中でも、明日はわからないよな、と未来はわからないよな、と腑に落ちる。すごい演出だと思います。

 

  いきなり星組花組を比較しますが、身内大好き、身内盛り上がりの星組。紅さんとあーちゃんが去ってしまうのを観客よりも先に星組生が耐えられない感じがとっても出てて、それも涙を誘うのですが、花組は身内よりも、まず客席を考えて舞台に徹している感じがします。どちらかはもちろんお好みですが、もし完成された舞台を見たいのなら、やはり花組かなと思います。それはそれぞれのトップが歩んできた道が違うから。

 

紅さんは、「端っこにいた自分」からトップまで上り詰めた人。頭がよくトーク力(!)があり、周りを巻き込むのが上手な人。あーちゃんやこっちゃんをメロメロにした人たらし。星組で上がっていったからこそ、技術がどうあれ(私はそんなに技術が悪いと全く思わないのですが、そういう評判もありましたよね)絶対的トップに立てた。

 

 変わって明日海さんは、最初からトップを約束された人。しかもトップオブトップにするために、育った月組を離れ花組にまで移動。もちろん期待を受けていや期待以上のトップでした。言ってしまえば、周りを巻き込まなくても味方にしなくても一人でトップに昇って行けた人なんだと思います。(もちろん周りだってついていくし味方はたくさんいるでしょうけれどもね。)

 

 続く2番手にも言及しておけば、こっちゃんはあんな報道があったし、千秋楽は泣きすぎるほど泣いててこっちも辛かったんだけど、かれーちゃんは、そんなことより芸を磨けとばかり努力してるのがとってもわかった。どなたかのヅカブログに「歌えてました」と書かれたほどで、歌唱力に難ありが心配されていたんだけど、それは何より自分自身が分かっていること。とても大変なんだろうと思う。はなちゃんは、遠慮深くてかわいくて、明日海さんとのデュエダンの前に、カチコチに緊張して大階段を下りてくるところが本当に初々しかった。デュエダンの振りも演出がかなり気を使っている感じでした。明日海さんにひたすら憧れる小さな女の子って感じで、全く嫌みがありませんでした。応援したくなっちゃうね。

 

 もう一言言わせてもらえば、星組次期トップお披露目公演は、最初から(こっちゃんのあの報道の前から)「見に行くのか?。。。いや行かないな」と思っていました。あてがきの創作物、はじめての謝先生の脚本?でうーん。演目自体に興味がひかれませんでした。比して花組は「はいからさんが通る」でしょ。そりゃ、かれーちゃんの少尉は見たいです。やっぱり花組贔屓なのかしらね。

もし星組お披露目を見に行かなかったら2年続く大劇場観劇連続鑑賞はストップ。

まぁ、紅さんも明日海さんもいない宝塚って、、。

 

 ところで昨日の大劇場ですが、それでも「ロックオペラモーツァルト」のちらしをたくさんの人が取っていたので、こっちゃん人気は不滅だという印象でした。私もこれは見たいかな、でも個人的に客席が見にくい梅芸だしね、ということで多分行きません。

 

まとめれば、宝塚に熱烈な片思いの紅ゆずると、宝塚と両想いで祝福され続けた明日海りお、どちらの退団公演が好みかと言えば、花組です。という結論に私はなりました。

A Fairly Taleはそこかしこに、過去のみりおさんが見えますよ。トートっぽいのがいいです。個人的には「闇が広がる」サヨナラショーでかれーちゃんと演ってほしいな。みりおさんのトート、もう一度みたいです。

 

f:id:minshika:20190828102634j:plain

シャルム 開演5分前に幕があくのは、星組さんのときにはなかったな。

f:id:minshika:20190828102743j:plain

 

もう、奇跡は起こらなかった。 紅ゆずる退団公演宝塚大劇場千秋楽

 昨日は宝塚歌劇団星組トップスター紅ゆずるさんの退団公演の千秋楽でした。

スターの退団公演の千秋楽は、まぁさまに続いて2回目です。

 

minshika.hatenablog.com

 あれから2年弱たったんだなぁ。

 

 

  公演がスタートし、最初の紅さんのアナウンスから「もう最後か」と思うと涙が。

紅さんが出てきても何だか涙。

でも、あーちゃんが出てきてやっと普段通りに芝居を見ることができました。

 

 思うに、あーちゃんも退団なのに、何だか落ち着くというか、紅さんだけだとどうしても思い入れてしまうので、あーちゃんの平常心(じゃ、ないと思うけど)のお芝居がとっても救われました。

 

  思ったよりアドリブはなくて、「かーい、かーい、かい」のところで

「千秋楽なのに何やってるんだおれ(的な感じ)」ぐらいで、あ、「俺、端正」のところは、「俺、もっと端正だろ」ぐらいになってました。

個人的には、こっちゃんに「星はやる」のところで「星組はやる」になるのかなと思ったけれど、これは台本通りでした。

でもそのとき、紅さんのこっちゃんも目が潤んでいるように見えたのは気のせいかな。

 

 今回の公演は、2回目の観劇なんだけれども、「エクレール・ブリアン」はすごくよかった。

 ボレロは、2回目なので、お衣装が同じでも紅さんはすぐわかったし、最後の黒燕尾のところでも、もしかして紅さんはほかの男役と衣装は同じと初めて気づきました。

通常は、トップは同じ黒燕尾でも、キラッキラッのスパンコールがついていたりするのですが、多分みんなと一緒。スパンコールもついてない。

なのに、光っていた。

同じ衣装と思えないほどに光って白く見えたんです。

紅さんだけベストが特別白いんかな、燕尾がほかより開いてるのかなとも思いましたが、多分みんなと一緒だったんだと思います。

 まぁさまの時も思ったけれど、トップの退団公演のときは、金色の粉がまっているような、そんなオーラがあります。紅さんもそうでした。

「エルベ」のときも思ったけれど、正統派の衣装も本当にかっこいい。

不良っぽくて普段は威張っていい加減なこといっているのに、実は繊細で優しいって役どころさせたら紅さんはピカ一なんだけど、それはそのまま紅さんの人柄なんじゃないかと思います。楽しくしても何処か寂しそうで哀愁がある。そんなトップには格別惹かれます。最初から階段が敷かれていたわけではなく、努力と才能でトップに上がったからこその味というか。これを継ぐ優等生のこっちゃんの心づもりはいかばかりか。。

 

さて、

タイトルの「奇跡」についてですが、

実は、私はまぁさまの退団公演の千秋楽の時、紅さんのお隣の席でした。

 

minshika.hatenablog.com

 タイミング的に考えても、後から検索してお顔もたくさん見たので、あれは紅さんだったと思います。

 当時しでもトップスターだったのに(花束贈呈のサプライズ出演のためか)S席で、それも出やすい通路側とかでなくて17列目。カバンは巾着型でブランド物ではないし、靴もローファーで小さくて、お隣に座っていたのは、劇内での紅さんのような豪快な感じではなく「小さな女の子」って感じでした。(背は高いんですけど、一度も立ち上がらなかったので)拍手も小さい、涙をぬぐうのもこっそりでした。トイレ休憩に1度も立たず本を開いていた優雅な姿が思い出されます。

本当に?と言われそうですが、A Fairely Taleの製作発表会で、柚香光ちゃんがかわいく小さく拍手をしていた録画をみて、オラオラ感ってのは舞台の上で作り上げたもので、本当は繊細なジェンヌさんて多いんじゃないかと思います。

 

 しかし今回は花束贈呈のトップスターのお隣っていうそんな「奇跡」は起こらず(A席だったからか、しかし正規の値段の10倍はいたしました)、知り合い同志に囲まれた席で小さく座り、涙があふれ出ましたが流すままにし(自分だけ白い服だったし、痛いファンと思われたくなかった)遠くで見守っていました。客席降りもぎりぎり来てもらえる列でしたが、ハイタッチは、隣のブロックのS席まででしたし(ああ席順カースト)さよならショーで紅さんが真っ赤な薔薇を客席に投げたのですが、もちろんSS席の方で1,2列の方のみが受け取ることができたのでした。もし頂いたら絶対捨てれないので、ミニマリストとしては良しとします。気づいたのは、ライブビューのカメラがS席の端っこに入っていたのでその周りの4、5席はわざと空席にしてありました。あの分のチケットは売っていなかったんだろうと思います。千秋楽なのにほしかったファンもいるだろうけど、劇団はライブビューをとったのだなぁと、まぁ冷静な判断ですね。(私も明日海りおちゃんの退団公演千秋楽だけはどうしても手に入らないので初ライブビューになると思われます。なので、たくさんの人が見られるシステムというのはいいと思います)

 

 さて、まぁさまの千秋楽のときにペンライトを今か今かと待っていてさよならショーに没頭できなかった客席の様子を見て思ったのかはわかりませんが(紅さん自身は、ちゃんとその曲の前奏でパチッとつけていましたから)、待ってましたの紅子の場面でもつけさせ、本当につける「Another World」でも舞台から「今だよ」って仕草をしてくれて(これもどんな仕草だったか思い出せないのですが、客席が瞬時に今だってわかる動きで、こんなところも客席つかむ天才だと思います)本当に天才的に気遣いが上手い方ですね。全然関係のない話ですが、紅さんのお誕生日の8月17日は、私の大学時代に好きだった人のお誕生日と一緒で、その方も話が上手で人の心をつかむのが上手く、今は遠い場所で精神科の医者になっていますが、この日の生まれの人ってきっとそんな人が多いのではと思います。

 

 サヨナラショーも退団式もおわって、2or3回目のアンコールで、あーちゃんが「さゆみさん大好きです!」と告白したのが可愛かったです。客席から「ヒューヒュー」と出たのもほんとにおもしろかった。でも肝心の紅さんは「隣で、客席に向かって好きと言われても」ととぼけていましたが、そんなとぼけ方も上手でした。

 アンコール3回目で私は時間一杯で席を立ちましたが、後日検索すると「あーちゃんが相手役でよかった」って言って聞いてうるっときたあーちゃんの頭をなでる様子が写真にありましたね、あーちゃんの告白を一回目は(ファンに気を使って?)とぼけておいて、最後に救うなんて。あーちゃん、美人さんで素直だからきっと誰かと結婚しちゃうんだろうけど、彼女の理想像は誰も紅さんを超えられないんでしょうね。と思ったのでした。

 退出するとき、大劇場の玄関までの廊下に「紅さん直進!!」ていう立札があったので、もしかしてあのまま玄関まで歩いて行かれたのかな?まぁさまのときの退団式は黒燕尾服でそのあと緑袴に着替えたから楽屋に戻ったけれど、もしかして、あのまま残っていれば廊下を玄関まで移動する姿を見れたかも、、後の祭りですが。。しかし宙組はタキシードを着るのかな、凰稀かなめさんもまぁさまもそうだったし、真風くんは、絶対スーツな気がするし、キキちゃん当りが微妙かな、星の血も入ってるしね。あ、真風くんもか。。。でも、緑袴でも紅さんはイケメンでした。本当に何着てもかっこいい。演出の先生が「あんたは、立ってるだけでええねん」と言うようなことをを言われたというのですが、立ち姿は本当にすてき、トップスターというものは立ってるだけでいいんですな。

 

最後に

ペンライトは白い星でした。

f:id:minshika:20190820144207j:image

私が帰るとき、雨が降っていて、外で待っているファンの方は白のレイコートを着ていました。舞台を見ずずっとパレードの準備をしていたのだと思います「もうとっくにおわってるよね?」と話していて、いやーーさよならショーから時間が押しておして、3回目のアンコールのときで、5時30分でしたから(すでに30分おし)その後、6回目までアンコールがあったということですので、ファンの人は本当に待っていたんでしょうね。舞台のときは、拍手する場面では、2階からまず先導する拍手が聞こえてきて、2階は特にファンで埋まっているでしょうから、それも感動しました。あの拍手を聞くと千秋楽はやめられないなと思います。何よりファンってけなげで見返りなくてすごいなと思いますね。

 

おまけ♪

地元宝塚でみつけたお宝ポスター写真です。居酒屋さんなんですが

紅さんのかわいい姿うつってますね。

f:id:minshika:20190820144300j:image

 

夏服の体たらくとから「好きな物だけ買いましょう」は本当だと気付く

 昨夏は、洋服4着で十分でした。

 

 

minshika.hatenablog.com

 

 

 

4着で行けるということは実証済みなのに。

今年の夏服ときたら

 

アトリエナルセ ファーマーズワンピ 1着

母に作ってもらったナルセ ファーマーズワンピほぼ同型 1着※

ANTIPAST ワンピース 1着

SiSiSiconfort 黒色ワンピース1着

SiSiSicomfor 黒色ワンピース(昨年のもの)1着

universal tissu 緑色ワンピース 1着

mine perhonen etudeワンピース 1着

セールで購入したタイ付きブラウス 1着

宝塚トップ退団千秋楽用白ワンピース1着

宝塚トップ退団千秋楽用白ワンピースをANTIPASTで1着

トップ退団公演「青い薔薇の精」にちなんだ青いワンピース1着

 

の10着に加え

母に作ってもらうワンピース 1着

mine perhonen walzワンピース1着

 

が加わり12着へ。

 

タイ付きブラウスに合わせようと本日SiSiSicomfortのロングスカートが届きいたがこれは返品。なので危うく13着になるところでした。(しかしブラウスのアンダーはどうするんだ?)

 

間違いその1

今年は、フォーマルな外出がないので、母作成のナルセのファーマーズワンピ2着を毎日交互に着て、あとは、余所行き用のワンピ1着あれば足りるはずだったのに(合計3着で済む)、母のワンピの製作が遅れ、やむなく本元ナルセから購入。

しかし昨年のSiSiSiの栄光が忘れられず2枚の内1枚は手元に。

それから、外出着はmina etudeワンピでよかったのに、サイトで一目ぼれしたuniversaltissuの緑色ワンピを購入してしまい、外出用は2着へ。

でもetude(襟ぐりきつい)もuniversal(腰のベルトで太く見える)もいまいちだけど、外出着がないのでどちらもストック。

外出着のあくなき追及で、サマーセールのANTIPASTのワンピースを購入。最初は気にっていたが、襟ぐりの開いているのがだんだん気になって、minaのランドリーシリーズwalzのワンピースをつい先日購入してしまった。で外出着は、4着へ。

 

間違いその2

今年は「服を買うよりヅカに行け」と目標を掲げたが、あいにくトップ退団が相次ぎ、白い服が入用へ。(退団の千秋楽は白い服を着たファンで埋め尽くされます)。千秋楽しか着ないのだから、zozoの買い替え割りを利用して、実質1030円で白いワンピースを用意していたのに、なんか似合わないという思い込みで、京都のminaに行ったときに、ふらふらとANTIPASTの白いワンピースを購入。

1回しかない千秋楽なのに、2着も白ワンピースがある状態。挙句白いバッグも購入してしまった。おまけに、退団公演が「青い薔薇の精」なので、千秋楽以外の公演日のために、

和服:青い薔薇の着物バッグ、特注の青い薔薇にちなんだ帯留め、青い薔薇の帯飾り、薔薇の帯2個、それに合う着物

洋服:青いワンピース、青い薔薇のコーチのバッグ、青い薔薇のコーチのショルダーバッグ、青い薔薇の手持ちミラー、青い薔薇のハンカチ、青い薔薇のネックレス、青い薔薇の日傘(和洋)2本 を新調する始末。

 

気づけば洋服は昨年の3倍、青い薔薇グッズは数えきれないほど

 

になってしまった。

 

 よく考えてみれば、昨年の4着はフォーマルは1着をのぞいて、すべて事前予約しておいたもの。予約会はアドレナリンが出て散財するからやめよう、と思ったのが間違い。昨年のミナのSS予約会で失敗したのはtanpopoのワンピとバッグのみ。きちんと試着して選んだchouchoの水色ワンピースはずっと外出着であり続けた。褒められることも多かった。SiSiSicomfortのワンピだって、生地が弱かったから2着購入したけど、パンフに載った段階ですぐ予約をしたもんね。冬に予約したから忘れた春ごろに届いたけれど、とても満足いくものだったし、浮気もしなくて済んだ。

 

一方、ケチるあまり、ナルセのワンピを母に作ってもらえば材料費のみだと思ったのに、素人で高齢の母がサクサクできる訳もなく、季節がかわってしまい、待ちきれず本物のナルセのワンピを買い、心配なので昨年のSiSiSiのワンピも残し、なんてしていたらいつの間にかこんな数に。おまけにまだもう1着母から送られてくるよ。

 

昨年のAWにSSの予約を一昨年みたいにしておいたらよかったのかも。でもAWにはときめくものがなかったんだよね。同じようなchouchoのワンピを捜したが、ブランドって同じ物は二度と作らないよね。

 

かくして昨年の3倍以上の服数になったのに、あんまり気にってない。

 

やはり、「本当に欲しいものだけを買う」方がお金は減らないんですね。

 

The 52nd Birthday

昨日は誕生日でした。

 恒例のお誕生日に何をしたか記録です。

 

朝は、やっぱりモーニングが食べたいと前日に夫にいったので、

できたばかりのあずさ珈琲へ向けて出発。

暑いので車とばかり思っていたら歩き、

しかし前日購入してもらったApple Watchで、アクティビティが図れるのでよしとする。

 

モーニングだから、7時オープンのイメージだったのに店は開いておらず外で待つ人が。

暑いのにやってらんないとばかり隣のファミマで、子供の朝食(子供は寝ていてついてこない)を購入。オープン5分前に戻ると店の中に入れる。

8時になり待っていた客が次々と席に案内される。初めての来店なのでメニューは悩みに悩んだが、サラダも目玉焼きもついているフレンチトーストセットにした。

夫は卵食べ放題の豚汁セット。どちらもコーヒーをつけたが、なぜか私のミルクコーヒーだけが、先に運ばれてきた。

待つこと20分。とっくにミルクコーヒーを飲みほしたころに食事がくる。

材料はいいもの使ってそうでひたすらおいしかったけど、モーニングで20分待ちって、名古屋人の感覚では遅すぎる。

 

帰りも歩いて帰宅。Apple watchの1日のアクティビティ量がCompleteしたくらいの距離。

 

昼は、貴景勝がおいしいと絶賛したというピザを食べにイタリアンへ。

ミートソースもボンゴレも、もちろんピザも大変おいしかった。食べ過ぎた。

けど、デザートは誕生日なんでケーキにした。白桃とリンゴのケーキ。

子どもと趣味かぶりまくりで、もう1品頼むとすると、でペンネアラビアータを2人は希望。夫はたらこスパだったけど。

ケーキも同じ物をチョイス。

おいしかったけど、運ばれてきたケーキを見て首をかしげる夫。

聞けば、誕生日 なんで、プレートをつけてくれる約束だったそう。

しかし約束は忘れられたらしくノーマルなケーキ。

ま、(老舗なりの)年配の婦人がウエイトレスなので、忘れちゃったんだろう。

 

そこでは何にも思わなかった。

 

会計の際、向こうの人が気づいたらしくお詫びの一手。

結局ピザ1名分のクーポンをサービスしてくれた。

 

帰りは夕食の買い物をしにイカリスーパーへ。

 

夕食は子供が作ってくれるそうだ。

 

メニューは

エビのチリソース

イカのネギソースがけ

 

夫は

モロヘイヤスープ

空心菜の炒め

を作ってくれた。

 

とってもおいしくて、子供が作ったチリソースは見た目も味もお店みたいでした

(私よりうまい)

 

我が家は男性陣の方がきれい好きなので、台所もきれいに片付けられていた。

 

かくして誕生日は家族3人で平和におわった。

 

ハッピーバースディの祝辞は以前の会社の律儀な後輩1人のみ。

実母からは「服あとくるみぼたんつくって袖付けたらできたらおくるね」

とのメッセージ(誕生日と知っててのか?)

ママ友からも、妹からもお祝いメッセージはなかった。

(どっちも当人の誕生日にはメッセージ送ってるんだけど、忘れられやすい日付なのかな)

でも、全く気にならなかった。

一番身近な家族に祝ってもらったからね。

 

 

1億円分の幸福は得られたのか?家を買うことと億万長者への分岐点

 ブログ更新が2カ月以上空きました。

その間主にアーリーリタイヤや米国株ブログ関連を読み漁っておりました。

沸々と湧き上がってきた疑問について書きたいと思います。

 

 誰でも投資すれば億万長者になれる。

というのは最近の通説です。仮想通貨とか株とかで億り人になった人の特集は目につきます。

本当になれるのか?と我が家で考えてみた結果、「なれる」というのが結論です。

但し、道を間違えなければ。。

 

 現在の持ち家は、4700万ローンと頭金プラス諸経費あわせて7000万ほどかかりました。

以降家に関しては手を加えた金額は

庭整備100万

私の仕事部屋増築 200万

ネコの逃亡防止と全天候型洗濯物干し増築 200万

近所の墓購入 100万

とざっと600万ほどかかり

 

近くに畑を借りた

年間10万

ペットを飼った

ペット関連費

年間30万

子どもを私学に行かせている

年間教育費100万

で10年で2300万で、上の600万をあわせて3000万弱かかっています。

 

ということは、持ち家をもって10年で1億円を費やしているということになります。

 

一方持ち家をもったことによって、家でのくつろぎやすくなり、「仕事やめようかな」と思い、私の仕事を辞めてしまったことで、最後の年収が900万ほどでしたから、

900万かける10年で9000万の機会損失

があったりします。

押しなべて2億円のマイナス

 

たらればですが、その2億円をはやりのamazon株(10年前なら格安)に投じていたなら資産は無限大、わかりやすくファーストリテイリングの株に費やしていても

で2011年で、当時1株10000円ほどみたいですので、現在66000円位になっているので、資産は少なく見積もっても6倍以上にはなりました。

して2かける6で12億円 

5億円ともいわれる超富裕層の仲間入りです。

 

12億円を年利2%で回したら年収2400万はいき、主人に仕事やめてもいいよ、レベルになっていたりします。

 

結論としては家を買ったことの機会損失は12億円ということになり、

我が家の場合は億万長者になれたというところです。

 

一方思い出はプライスレスですので

犬を飼った プライスレス

猫を拾った プライスレス

子どもの小学校が近くなった プライスレス

友達がかわって、私学受験をしようという志に変わった 未来にプライスレス

 

となりますが、ペット関連費用は年間30万ですし、年間教育費は100万となっていますので、プライスレスというわけにはいきません。

仮に子供が出世して食うのに困らなくなるという希望的観測にしろ、12億円分の価値があったか、私学受験をしなくて、効率的に子供が食うに困らなくなる可能性もあった。

のかもしれません。

 

振り返れば、家を購入するというのはかなりのリスクなんですね。

今は住宅ローンも完済して、純資産1億円をめざしてがんばっていて、達成可能な感じになってはいますが、

 

はたして、家を購入したことによる億万長者への機会損失を補えるくらいの幸福を家からいただけているのでしょうか?

 

近所の子供は小さくて、越してから永遠に外で騒がしく遊んでいて(越してから生まれた子供が多数?)、新興住宅地なのでまた若い家族が越してきて、子供が外で遊んで。。。のループがあるし、畑を借りたはいいけど野菜が出来過ぎで頭を下げて近所の人にもらってもらっている状態で、おまけに自治会役員を押し付けられて、ハードワークの主人が寝る時間を減らしてこなして、子供の文化祭は、敬老の日の祝い品を自ら熨斗をつけて買付にいって、半分した見れなかったし、

 

いいことあったんでしょうか?

 

機会損失ほどはなかった気がする、

 

しかし、

昭和の持ち家神話とか、犬猫を飼いたいとか、畑をやりたいとか

思っていた我が家なので、持ち家に憧れ続けていつかは購入したとは思いますし、

今のように株の勉強もしていないので、わかりませんが。

 

もう少し金融リタラシーがあったらな、せめて今位。

 

と思うのでした。

 

 

華麗なる家出

 なぜかホテルの、それもオリエンタルスイートと呼ばれる角部屋にいる私。

一泊10万、それもGW中、にも関わらずベッドルームにダイニイングルーム、キッチンまで付いた部屋に案内された。

クラブフロアは好きな時間に行って飲み食いタダってのは知ってるけど、なぜにどうして、1人には勿体ないほどの部屋。

 

4月は激動だった。

入学式、始業式、子供の高熱、の看病疲れでヘルペス再燃、かろうじて治ったものの、次の日に腕全体がガクンと脱力し硬直した。

着物離れを心に誓った途端の着物友達の誘い(昨年あんなに誘っても乗ってこなかったのに)、「大きい人」と揶揄された着付けの先生へのレッスン再開。再開日は、嵐でおまけに子供が高熱だったので、これ幸いにとレッスン一緒に行くのを断ろうとしたら、順延して一緒に行きましょうときた。

 

腕の脱力は戻らないし、しびれもある。動悸息切れ。ホットフラッシュはないものの、これはれっきとした更年期障害だ。

私には来ないと思っていたが、実母がひどかったのを思い出した。

 

何とか子供も回復、着物レッスンも何とかこなした。この後はハードワークで機嫌の悪い主人の機嫌とり。

4月から5月は毎年中の悪い舅の誕生日が近いせいか主人の機嫌は最悪。昨年はことのほか酷かったが、今年は、祝ってもいないのに先に古希内祝いが届く。これはお祝いの催促?これに加えて舅そっくりな自治会長の夜間訪問にパワハラ。でまた機嫌が悪くなる。

 

で、主人と一緒にでかけると気を使って仕様がない。でかけた次の日は子供の学校の懇談会で、行きたくはなかったが、しぶしぶ出かけた。行く前から歯痛があり、色々考えて、集会の後のクラスでの懇談会は出ず、こっそり帰宅しようと思っていた。がいつも親しいママに合わないのになぜか隣に座り会話が弾み、歯はジクジク痛むがこの勢いで懇談会に出ることにした。懇談会は思案通り、全く面白くなく得る物もなく、親しくもないお母さま方と愛想笑いと謙遜で時間が過ぎた。歯の痛みはピークに達し、帰りの電車の途中の駅にある行きつけの歯医者に電話するも、GW中につき休診。よりによってGWの初日に歯痛に見舞われなんて。しかし、夕ご飯の準備はせねばらなるまい、早くロキソニンが飲みたかったが、自宅より一駅遠い百貨店に買い出しの為降りる。GW初日で、百貨店は人でごった返し、レジも長蛇の列。我慢してら並んでやっと次の番になったところで、前の人がややこしいカードを提示「失礼します」とレジに助っ人が入ったはいいが、精算途中なので、余計レジがややこしくなりもたつく、と、前の人、レジがもたつく間にカートを返しに列から離れた。思いの外早く精算が終わり、あろうことか次の番の私に「いくらになります」と、精算を促された。当然前の人の精算である。レジ係は前の人が途中で抜けたのに気づかなかったのだ。精算はされず、私の番も止まったまま。歯痛を我慢して1分の1秒でも早く済ませて帰りたいのにとんだ足止めである。やっと前の人が戻ってきてレジ終了。私の番になった。早く済ませるため「カードで。一括で」と言ったにも関わらず「カードですか?」「1回払いですか?」と度ごとに聞き返される。遠い目になりやっと帰宅。ロキソニン2錠(正規は1回1錠)一気に飲んで晩御飯作り開始。

機械に頼り何とか作り上げて薬も効いてきて、平和に終わるハズだった、が、自治会役員会から主人帰宅。四面楚歌だったらしく顔色はさえない、何とか踏みとどまっていたが、些細な子供の反抗で爆発。

次の日も子供はライブに出かけ、怒りは私に向き、いつもは我慢するが、この一連の疲れで私も言いたいことを言って収集付かず。

 

かくして、こっそり荷造りした私は、夫が二階にいるときにバタンと家を出た。

向かうは本日取れたホテルの1室。ダメ元で空室検索したら、目当てのホテルが引っかかってきた。1室168000円。クラブフロア。1名使用は10万円、セミダブルの部屋に案内される筈であった。

クラブフロアだからクラブラウンジでチェックインできる筈、と部屋着(主人が在宅なので余所行きに着替えることがでかなかった)に上着をはおりこれだけはブランド物のバッグ(でも格安のブランドよ)を引っ掛けた私は、不振そうに見るドアマンに「クラブフロア予約してるんだけど、そこでチェックインできる?」と聞いた途端、ドアマンがピッと姿勢をただし、「こちらへどうぞ」と案内される、案内されたクラブラウンジは、なぜか先に飲み食いができ、チェックインしていないのに、バンバンシャンパンを飲む。ゆっくり楽しんだ後チェックインへ。そして「広めのオリエンタルスイートをご用意しました」と案内された。奥の広いドアの横のドアから入ったので、隣はでっかい部屋なのねと思っていたらそちらも私の部屋だった。かくして、1人には余りに大きな部屋の、天蓋付きベッドの横のソファに寝転んでこの記事を書いているのである。

先程トイレに行くと、サウナまでついていて、びっくりした。f:id:minshika:20190428170155j:imagef:id:minshika:20190428170228j:image

望海風斗さまを撮ったあなた

  昨日は大劇場で月組夢現無双」を見ました。

SS席でした(友会で正々堂々と当選した)。

美弥るりかちゃんの退団公演だから絶対見たかったし、SS席なんて夢みたいと思っていました。4/9は始業式のところが多いから、自宅待機のママファンたちも多かったかな。とにかく、4/9は穴場だったんだと思います。

 

SS席とは云え、最前列でもなく、通路側でもなく、どちらかといえば隅っこの席、でもいいのです、美弥ちゃんが近くで見れる。

すてきでした。特に第2部、黒服群舞ではセンターのたまきちよりも後ろの二番手席で踊る美弥ちゃんを見ていました。あんなに軽やかに頑張ってる感じがなく肩の力を抜いて踊れてしかも格好いい、美弥ちゃんのような持ち味の男役さんはなかなか出ないだろうなと残念でなりませんでした。

 

そしてその日は穴場の日だったせいか、ジェンヌさんも観劇に来られていました。

例によって開演5分前に客席にスポットライトが照らされて、パチパチと拍手がおこり、客席にジェンヌさんが入ってきます。3~4人かな。

SS席前から3列目センター(超良席です)に男役さんと娘役さん2名が客席に座りました。男役さんは黒ぶちの眼鏡をかけています。娘役さんは小柄できれいに編み込みのヘアをしています。「だれだれ?」と客席がざわめきましたがまもなく舞台の幕があがりました。

そして休憩。当然2名のジェンヌさんに視線が集まります。きれいな横顔をみつめるうちに、もしかして「だいもん?」となんとなく気づきました。じゃ、娘役は「きーちゃん?」。

ほどなく2部の5分前、もういちどスポットライトが照らされて、ジェンヌさんが入ってきます。みんなガン見です。やっぱり「だいもん」だと思った瞬間、座る列の前の方がカメラを外すことなくフラッシュもたいてだいもんを激写したのです。

舞台は前ですから、わざわざ後ろを向いて直近から。だいもんは下を向いていました。

 

。。。。ファンの掟というか礼儀というものがあります。

曰く、客席にジェンヌさんを見つけても、話しかけず、もちろん写真も撮らず、その時は時を同じくする観客として、見て見ぬふりをするのです。

 

。。。。と思ってきました。

もちろん、私だって、本当はだいもんを撮りたかった、と思います。

でも観劇をしにきていて、おそらく、同期の美弥ちゃんを見にきていたのでは。

そして帰り際耳にしたのですが、きーちゃんは、ありちゃんと同期だそうで。同期が同期を見に来ていたんですよね。

 

帰る際、だいもんは、眼鏡のほかに、マスクもつけていました。

カメラ、、(繊細な、、と思う)だいもんはイヤだったんじゃないかな。

 

と、

4月9日SS席に座って、だいもんを激写した眼鏡をかけたあなた。。。ファンはたぶん失格だと思います。

ファンは見てみぬふりをするものです。。。

 

という中で私は育ってきましたけどね。

 

これだから、ヅカファンて怖い。。と思われるんでしょうかね。