日々の切れはし 〜50才からの目線〜

平穏で静かで小さな発見がある。一見何と言うことはないこんな日々を積み重ねると人生というタペストリーが織り上がる。小さな日々の切れはしを誠実に積み上げていくことこそが幸せ。そして幸せになるための工夫、幸せのための時間を確保するための効率化、努力を精一杯。

席の謎

 歌劇のチケットはなかなか取れない。

友の会も当たらないし、前売り発売日はオンラインサイトにつながらず、つながった時にはハイエナが食い荒らしたようにほぼ何もないか、おこぼれがほんの少しあるばかり。

前回ランチショーに行った際、お隣の人と「チケット取れないね」という話になった。

ゴールド会員限定の貸し切りなら取れる可能性ありとか。それを聞いてカード申し込みしてみたけれど、貸し切り公演は大体休日の15時から。できれば平日の午前中公演がいいのだけれど。あるいは初日や千秋楽のプレミアか。

 さて、先日普通の平日の午前開始公演に行った。いい席にしたいから仕方なしにオークションでまぁまぁの席を手に入れた。けれど割増料金はもちろんある。

退団もお披露目公演でもないし平日だから、比較的空いていた。満席ではなかったと思う。

開始5分前、大体の人が席に着いた頃、パチパチと拍手が鳴り、一目でヅカジェンヌとわかる一団が入ってきた。総勢10名程度。銘々の席についたが、いずれもSS席だった。センターブロック3列目。

比較的新人ぽい人はバラバラだったが、次期トップの人は中央に4人ばかり隣り合わせで座った。

公演も、違う組のスターも見れてファンとしては幸せなひと時だった。

さて、次の公演の初日のチケットを取ろうとして毎日苦戦しているが、結局友の会もオンライチケットでも手に入れることはできなくて、またオークションのお世話にならざる得なくなった。席数は限られているし、日にちと都合を合わせるとそこに手を染めざるを得ない人は多いと思う。

 ふと思いついて今迄座ることができた席をプロットした。

見事にSS席センターブロックはなかった。いい席と思っていた席もサイドブロックか、もっと端のS席の2列目以降。

すなわちセンターブロック3列目まででSS席というのは皆無だった。

「客席降り」というものがある。

公演の最中に客席の間の通路にスターがおりてきてハイタッチできるというものだ。

大体SS席センターブロックの通路側しか恩恵に預かれない。

友の会で唯一SS席が当たった時も、1列目だったがサイドブロックだった。

歌劇も会社の一部なので、もちろん優遇枠というものは設定しているだろう。

しかしSS席センターブロック3列目をジェンヌさんが座るということはそこに当たらなかったお客さんがいると思われる。

そんなことを思った1日だった。

 チケットが入手困難であればあるほど、歌劇の人気があり寿命が長くなるということなので、たやすく手に入らない方がいいのかもしれない。

 プレミア感のあるSS席センターブロック通路側。いつか通常料金で手にいれてハイタッチしよう。