読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の切れはし 〜50才からの目線〜

平穏で静かで小さな発見がある。一見何と言うことはないこんな日々を積み重ねると人生というタペストリーが織り上がる。小さな日々の切れはしを誠実に積み上げていくことこそが幸せ。そして幸せになるための工夫、幸せのための時間を確保するための効率化、努力を精一杯。

アトリエナルセもポルテデプトンも

買い物

 ブランド名バッチリ。

でも、グッチとか、シャネルもバッチリブランド名だよね、代名詞化してる気がするが。なので伏文字にせず書きました。

秋冬の洋服代は予算を大きく超え35万程度。だいぶ返品はしているけれど、どうしても買いたい気持ちは収まらず、飽きるまで買っちゃえ、となりました。私の場合、飽きてやっと買わなくなるのです。

昨年はオンラインショップで新商品が出るたびにポチッと購入していたポルテデプトン。オンラインショップを見過ぎて、夏なのに冬のコートまで購入したアトリエナルセ。やっと平常化してきました。タイトルはポルテデプトンもアトリエナルセも、買って。ではなく買わなくなった。と続きます。ブランドが悪いのではなく年甲斐もなくかわいい!と購入した私が悪いのです。殆どリサイクルショップに回しました。ブランドさんごめんなさいです。

でも枚数が少なくすぐsoldoutになってしまうブランド達。毎シーズン変わるから買い逃すとオークションで買うしかなくなるなら、とポチッとする。で回るのもメジャーメーカより遅いから待つ分欲しくなるを繰り返し、やっと殆どの服を手放して買わない域に達せました。

なのに留まらないお洋服欲。せめて昨年の額より少なくします。